ガルーダ・インドネシア航空会社のサービスが向上しました

ガルーダインドネシア

ガルーダ・インドネシア航空会社(本社:ジャカルタ、インドネシア 社長兼最高経営責任者:M.アリフ・ウィボウォ)は日本発着の国際線における無料受託手荷物の許容量を拡大しました。

国際線の無料受託範囲は、ファーストクラスが50kgから64kg、ビジネスクラスが40kgから64kg、エコノミークラスが30kgから46kgにそれぞれ拡大。また、通常の受託手荷物とは別に、1人1セット23kgまでスポーツ用品や楽器を無料で預かるサービスは提供していますが、今回の許容量の拡大と共に継続されるようです。日本からご自身の使い慣れた道具を旅先に持ち込み、サイクリングやゴルフ、サーフィンなど多様なアクティビティを楽しむ事ができます。

今回の変更では日系の航空会社と比較するとビジネスクラスは同等ですが、エコノミークラスは日系航空会社の上級会員と同等の許容量です。

日系航空会社の上級会員の方がビジネスクラス、ファーストクラスを利用する場合はあまりメリットを感じないかもしれませんが、エコノミークラスの利用を検討している方にはとても良いサービスです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL